京都弁護士会所属 田中彰寿法律事務所 京都の中堅・中小企業のための法律事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

猩猩の呟き  - 梅原 陽介 -

2013年の記事アーカイブ

14.昔話の今むかし
先ごろ、孫の敬老参観日に参加いたしました。どの爺ちゃんも婆ちゃんも、我孫こそと満面の笑みを、顔いっぱいにたたえての参加であります。園児の日頃のわんぱく活躍ぶりを一通り見せて頂いて、参加者参加のお遊戯をして...( 続きを読む
13.阿部首相の引用した「西国立志編」
皆さんは、中村正直という名前を知っていますか、というより聞いたことがありますか?大方の皆さんがどこかで聞いたことがある様な・・・・とおっしゃると思います。先頃の臨時国会での阿部首相の演説の中の引用として・・・...( 続きを読む
12.「青春」と云う名の詩~幻の詩人サムエル・ウルマンについて
皆さんは、「青春」と云う名の詩を何処かで見聞きしたことがおありでしょう。例のこの一節、青春とは人生のある時期を云うのではなく、心の持ち方を云う。・・・・・・年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時初めて老いる・・・・・・。であります。( 続きを読む
11.丹波に根付いた地域主義とその理念 ~後編~
※前回(2013年第6号)からの続きです。晩年。明治42年(1909年)翁52歳、翁は川合信水氏を郡是に招へいした。川合信水は、キリスト教と東洋思想との結合をその理想とする独自の「キリスト心宗」を提案した先駆的人物であります。翁の...( 続きを読む
10.丹波に根付いた地域主義とその理念 ~中編~
※前回(2013年第5号)からの続きです。創業時代 明治29年(1896年)5月1日、翁39歳。郡是製糸株式会社設立。同年7月操業開始。 資本金・98000円(※参考2を参照)。
組織・株式会社。株主数...( 続きを読む
9.丹波に根付いた地域主義とその理念 ~前編~
前4号に、波多野鶴吉翁にご登場いただいたので、小拙の書き留め冊子を掲載させていただきます。この冊子の初版を書いたのは、1990年(平成2年7月15日)、その時私は癌を患っており...( 続きを読む
8.鎖国の国?ニッポンの歴史観
鎖国が売りの日本?、と云っても過言ではない日本、古くは日出る処の時代から新しくはTPPに至るまで何処かで鎖国をしているのです。原因は、周りが海だから、単一民族(単一民族ではありませんね)だから、国民性だから、などなどと...( 続きを読む
7.「国の借金が、何で私の借金なのよ」
財務省は、国債や国の借入金の総額が2012年12月末時点で997兆2181億円になったと発表した。この4カ月で13兆9230億円増額したことになり、...( 続きを読む
6.何でもござれの活性化提案
世はまさに、ものの時代から心の時代へと移行していると言えます。この五十年の間の人々の思考を検証してみますと...( 続きを読む
5.わびとさび
「わび」と「さび」という言語は、みなさんよくご存じの言葉です。茶道や俳句の世界はもとより日本の古典芸能の真髄であります。「わび」とは何でしょう、「さび」とは何でしょう。...( 続きを読む