京都弁護士会所属 田中彰寿法律事務所 京都の中堅・中小企業のための法律事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

弁護士採用情報

租税裁判例の読み方 第2回 税理士のための法律セミナー

中小企業のための法律セミナー

著書のご紹介

所得の帰属法理の分析と展開 田中 晶国 著


 所得の帰属法理の分析と展開
定価:4,000円(税抜)

単行本: 226ページ
出版社: 成文堂 (2019/4/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792306418
ISBN-13: 978-4792306410
発売日: 2019/4/10

  • 内容:
    • 序 論
    • 第1章 所得の帰属に関する一考察―I.R.C.§636に係る課税法律関係を素材として
    • 第2章 アメリカ税法下における帰属
    • 第3章 事業所得の帰属について
    • 第4章 違法所得に係る諸問題
    • 第5章 収入実現の蓋然性と収入金額の年度帰属―権利確定主義と管理支配基準の連接
    • 第6章 所得の帰属の再構成
    • 結 論

新着&更新情報

2019.10/10
コラム「 竹田有希のロンドン報告」に「 イギリスの離婚制度」を掲載しました。
2019.08.25
2019年10月7日開催予定の当事務所主催法律セミナー「 第2回 税理士のための法律セミナー ~租税裁判例の読み方」の詳細を掲載しました。
2019.07.30
コラム「 猩々の呟き」に「 62.Don・ゴロスの嘆きII」を掲載しました。
2019.07.25
弁護士 西脇 調」のページを更新しました。
2019.07.21
2019年7月21日に静岡で開催された「第8回 健康保険改正研究会シンポジウム」に「 弁護士 田中彰寿」と「 弁護士 田中継貴」が参加しました。


2019年 7月21日
「第8回 健康保険改正研究会シンポジウム(静岡開催)」に出席しました。

  •  「第8回 健康保険改正研究会シンポジウム(7/21 静岡開催)に弁護士田中彰寿と弁護士田中継貴が参加しました。
  •  継貴弁護士は立会に参加した感想と抱負について発表いたしました。
  •  当事務所は、これからも医師・歯科医師関係者に対する健康保険の個別指導、監査の立会を続けていきたいと思います。
  •  

女性のための女性弁護士相談室

弁護士保険制度のご案内

情報短信お試し版無料送付
 

私たちは
中堅・中小企業のための弁護士・法律事務所でありたい
と思います。

Our Policy

  •  私たちの事務所は10名程度の弁護士で構成されていますが、共同事務所ではありません。
  •  代表者の田中が統括する組織的な事務所です。

すぐに駆けつける事務所を目指します。

  •  私たちの主な活動分野は地域的には京都中央部に南部、丹波丹後地方、滋賀県草津市など湖南地方です。緊急の場合この3地域であればどこでもすぐに弁護士が駆けつけたいと思います。
  •  この地域には誰かが仕事でいることが多いのです。事務所の指令で、仕事先から駆けつけられるようにします。無理なら京都本部から飛びます。


スピーディな対応をしたいと思います。

  •  お客様から連絡があればすぐ連絡・すぐ行動すること、ご希望があればすぐにでも面談する時間をとることを目指しています。
  •  お客様の重荷を少しでも分担し、少しでも早くお客様の不安を和らげることができればと思います。
  •  事務所は概ね10名の弁護士が所属していますからいずれかの弁護士が即応できるようにします。


専門家ネットワークを構築しています。

  •  公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士その他のコンサルタントなどと連携し、お客様の様々な要望に対応します。


顧問先には毎月経営情報誌「情報短信」を送付します。

  •  1999年から始めて、すでに200号以上を発行しました。
  •  田中が独自の考え方で編集した顧問先のためだけの手作り情報誌です。
  •  経営にお役立て下さい。
  • 【情報短信 無料お試し版送付のご案内】
  • 当事務所の発行する経営情報誌「情報短信」の無料お試し版を無料にて送付させていただきます。ご希望の方は、以下のリンク先より「無料お試し版お申込みフォーム」へおすすみください。







裁判所ウェブサイト
法テラス 日本司法支援センター
守成クラブ京都
下請かけこみ寺

京都プロネット
中嶋事務所グループ
三方よし研究所
公益財団法人 京都産業21
銘酒 憲法と人権


 
猩猩のつぶやき
 

 

 
弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津支部

法律業務支援サイト|田中彰寿法律事務所

所得の帰属法理の分析と展開

建設業法による下請代金回収の理論・実務と書式