京都弁護士会所属 田中彰寿法律事務所 京都の中堅・中小企業のための法律事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

猩猩の呟き  - 梅原 陽介 -

著者プロフィール

  • 1944年 京都府綾部市生まれ
  • 1967年 大塚商会入社
  • 1968年 故前尾繁三郎師に師事
  • 1970年 北陽化工斯業創業
  • 1972年 鮭の子文庫開設
  • 1990年 ナックル株式会社設立
  • 1997年 綾部商工会議所専務理事就任
  • 2007年 京丹波町参与就任
  • 2008年P&C創造研究所開設


梅原 陽介著者近影(撮影:荻野武美氏)

私の自己紹介

梅原陽介

梅原 陽介 著者近影(撮影:荻野武美氏)

  •  敗戦の兆しありと巷間囁かれ始めた昭和十九年二月、何鹿(いかるが)郡綾部町で誕生しました。
  •  この街は京都府北中部に在し、グンゼ(郡是製糸)の発祥の地、大本教開眼の地、そして世界連邦平和宣言都市提言第一号、水源の里、アンネのバラなどで少しばかり、ほんの少しばかりでありますが知り人ぞ知る街であります。
  •  北隣には岸壁の母と軍港、東郷平八郎と肉じゃがで名を馳せる舞鶴、西隣には福知山、その昔明智光秀の居城のありし処、更には今をときめく?自民党総裁谷垣禎一氏の地元であります。
  •  皆さん、もうお気付きの方もあろうかと思いますが、近隣、太子町の斑鳩寺や奈良県の斑鳩町や法隆寺(別称斑鳩寺)の斑鳩と読みは一緒でありますが字が違うのです。この字は今や死語となり広辞苑などの辞書からも末梢されています。生誕地のことはともかくとして、私のその後を紹介致します。
  •  小学校、中学校は、綾部で送りました。
  •  高校になって隣町の高校に進学、当時、進学志望は普通高校に就職志望は商業高校を選択したのであります。それでも進学率は五〇パーセントくらい、それが大学になるとさらに半分くらいでした。ましてや就職希望の商業高校ではクラス五〇人で二,三人、そんな環境での志望変更でした。動機は普通高校へいった親友の言葉でありました。彼は進学志望でありましたが家庭の事情で父親に反対されていました。そんな彼は公園や近所の山の林間で受験勉強をしていたのです。元々成績優秀であった彼の目標は教育大を出て学校の教師になることでありました。
  •  そんな彼が云うのです。
  • 「陽ちゃん進学しな、これからは学んで自分を磨かんと・・・・・。陽ちゃんは行けるんやから。」
  •  そんな彼の行動や言葉を聞いて遅ればせながら進学に向かってシフトを敷き、とは言っても簿記、珠算、商業などを中心に就学し、古文、数三、物理、などなど未就学での変更、どうしてどうしてこれは大変でありました。そのまま予備校へ、翌年、一浪しての入学でありました。
  •  昭和四十二年事務機商社に入社、翌年代議士秘書、翌々年、スポーツ衣料企画製造企業を斯業創業、以来三十年余、その後地域商工会議所専務理事、地方行政参与となり、リタイヤ後は姫路に転宅し、S&P創造研究所を開設し、閑期は家庭菜園に専念するをライフワークとしています。

2017年の記事

先ずは筆者の今年の年賀状から「冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」 六文銭を持って 誰もが渡る三途の川を渡れば 川向うは冥土 しゃれこうべのお出迎えです。鳥年・酉年です。...(続きを読む

2016年の記事

  

綾部を離れて早六年余、本年九月十日に入り七年目を迎えたところであります。悔いする処は何もありませんが、敬意と...続きを読む

今月はお盆、因んで辞世の句を読んでみたいと思います。
前回より引き続き、61句詞(くことば)から...(続きを読む

今月はお盆、因んで辞世の句を読んでみたいと思います。
前回より引き続き、41句詞(くことば)から...(続きを読む

今月はお盆、因んで辞世の句を読んでみたいと思います。
回より引き続き、21句詞(くことば)から...(続きを読む

今月はお盆、因んで辞世の句を読んでみたいと思います。
故人は、辞世の句をよく詠んだようであります。取り分け武人、文人、貴人、等などは、好く詠んだようで...(続きを読む

我女房殿自慢の思い出

●巻きずしの巻
家内の作ってくれる巻きずしは筆者の大好物であります。具に入っているのは、甘辛く煮付けた椎茸、煮しめた高野豆腐、吟味して買ったこだわりの沢庵、自分で味の確認をして...続きを読む

母の記憶の味(昭和24年~37年)

●ばらすし
我が家では、誕生日、お正月、お祭り、お盆には、ばらずしが出て来ました。どう云う訳かお皿に盛ってでてきます。どちらかと云うと中深の西洋皿...(続きを読む

思い出の味が人生を育む

季節と時代、そして人は、味の追憶を蘇らせるものであります。春には春の味、夏には夏の味、秋には・・・、冬には・・・、とある様に、今にして思えば古き良き時代を、いや...(続きを読む

これからの災害対応策のひとつとして、併せて、何事も新しい視点を以って

Yahoo!ニュースに、熊本刑務所に係わる記事が掲載されていました。江川紹子さんの「3つの災害から見る大災害と刑務所」です。この記事を見て筆者は、記事の本筋を踏み...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第六話「人生は各駅停車」

健保くん(70才)(戦国武将なら藤堂孝虎)健保くんとの出会いは、子供の幼稚園の卒園式の後に開いたPTA連合会役員会の席でありました。そこで筆者の提案した、...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第五話「はるばる君からの心の手紙」

何と云っても空君(69才)若い時は勝呂誉似、今は、荒井注、戦国武将なら真田雪村。 空君との出合いは、青年会議所(JC)でした。筆者は、アンチ...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第四話「哲ちゃん雲に乗る」

そして、哲ちゃん(66才)歌の上手な小堺一樹、憂国の偉人でいうなら西郷隆盛。彼との出会いは、市長選挙でありました。昭和・・年...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第三話「人間万事塞翁が金儲け」
次は、奉ちゃん(72才)北島三郎氏しか唄わない戦国武将なら斎藤道三。彼は同級生です。子供の頃にはそれほど親しい友達ではありませんでした。処が...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第二話「寡黙の人」
次は、仁ちゃん(70才)です。壮年の松山千春のちょっとそっくりさん、戦国武将なら黒田如水。仁ちゃんは、同級生でも町内でもありません。昭和45年9月に筆者は...(続きを読む

愛すべき愉快な我悪友諸氏 第一話「番ちゃんの夢」
我人生の心の支えに成ってくれたおかしくも個性豊かな面々・・・。平成28年2月21日、筆者は、72歳を迎えます。平均寿命からすれば、残す処6年、次の申年には、...(続きを読む

謹賀新年
猿年です。私の干支です。筆者は、当年72歳です。古来より、女性は、七の倍数、男性は、八の倍数。これは、体調を始めとする周辺の変化の刻み...続きを読む